会社概要

デジタルトランスフォーメーション(DX)が企業、社会、そして国単位でのチャレンジであるのは周知の通りですが、本質的な目的はエリック・ストルターマン教授が提唱したように「人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」ことです。

わたしたちも、「テクノロジーを駆使し、レバレッジをかけて世界を幸せにしていきます」というフィロソフィーがあります。人がテクノロジーを生み出し、それを使いこなし、活用するということは人とテクノロジーが真の意味で相乗効果を生んでいかなければなりません。また、真なる目的は人が幸せにならないと意味がないと考えています。そして、世界の原点は個人です。世界を幸せにするには、一人ひとりの個人を幸せにしなければ、決して成立しません。

例えば、投資のインテリジェンスとテクノロジーのレバレッジは私自身も経験してきたことです。
ネット証券サービスが誕生する前は、証券会社の窓口に行ったり、電話などでコミュニケーションを取らないと投資の情報を得たり、金融商品を売買することができませんでした。しかし、現在は数十円の手数料でスマートフォンのボタン一つで世界の金融市場に参加して投資活動ができます。

しかし、本当に価値のある投資手法や情報(投資のインテリジェンス)は特に日本においては、まだまだ質が高いとは言えません。「一攫千金を狙うギャンブル」といったイメージや「株は買ったら保有し続けるもの」といった考えがまだまだ強く、これらの考え方自体が今や真実に対してはバイアス(偏見)です。

投資のインテリジェンスは、世界にインターネットというテクノロジーと金融市場が存在する限りレバレッジをかけることができます。その結果、働き方、子育ての仕方、住む場所、趣味に対する接し方、そして自己実現の形などの次元を上昇させることができます。

また、現在展開している事業の一つに「データアナリティクス」があります。「あるべきデータアナリティクス」とは、データが個別管理されるのではなく、網羅的な視点でデータを収集し、何の為に活用をしていくかといった包括的な視点に基づくいわゆる「データマネジメント」という考え方が重要です。データをマネジメントするのはやはり人です。

今後は、テクノロジー、マーケティング、金融といった領域において「今まで地球上にないもの」やニッチマーケットに対して圧倒的なサービスや付加価値を提供して参りたいと思います。

株式会社スリーワイズ   代表取締役

経営メンバー紹介

心臓血管外科医、経営者そして投資家といった日本では珍しいキャリアを有する代表の前川が”次世代リーダーの育成に注力したい”という想いで創設されたのが、株式会社スリーワイズです。2018年には、東証1部上場企業グループの社長を歴任した大桑が取締役として参画しました。数多くあるスタートアップ・ベンチャーの中でも「チャレンジングだけれど、確かな収益基盤と働きやすさ」、「大胆なのに堅実」といった異色の事業展開を急速に進めています。

代表取締役 前川 佳紀(まえかわ よしき)
1989年 智辯学園和歌山高校卒業
1997年 日本大学医学部卒業 同年 心臓血管外科医として活躍
2004年 日本大学大学院医学研究科卒業 医学博士号を取得
2009年 銀座にクリニックを開院 院長就任
2013年 湘南美容グループ    院長就任
2014年 投資利益の大幅な増加と安定的な投資手法の確立により医師・病院経営者を引退し専業投資家に転向
2015年 株式会社スリーワイズを設立 代表取締役就任
2018年 ラジオ番組『ドクターMの投資サロン』(ラジオNIKKEI) 開始
取締役 大桑 友朗(おおくわ ともあき)
1989年 智辯学園和歌山高校卒業
1995年 京都大学法学部卒 同年 住友信託銀行株式会社(現 三井住友信託銀行株式会社)入社
2008年 株式会社オー・エンターテイメント代表取締役社長就任 (株式会社オークワ〈東証 1 部〉関連会社) カルチャー・教育・スポーツ・エンターテイメントと多展開し、従業員約1000名、売上高150億円のトップとして活躍。
2018年 株式会社リーチパートナーズ代表取締役社長就任(現任)
2018年 株式会社スリーワイズ取締役就任

会社概要

会社概要
社名 株式会社スリーワイズ
設立 2015年2月10日
資本金 5,000,000円
社員数 40名(関連会社含む)
役員 代表取締役 前川 佳紀 取締役   大桑 友朗
住所 本社) 東京都中央区銀座1-23-10 赤坂オフィス) 東京都港区赤坂3-21-16 大阪オフィス) 大阪市北区曾根崎新地1-13-22
事業内容 ソリューション事業 Webマーケティング事業
関連会社 フリー株式会社 株式会社リーチパートナーズ

 

赤坂オフィスアクセス

大阪オフィスアクセス